1. ホーム
  2. 日記
  3. ≫出会いを求めるなら飲みに出歩くこと

出会いを求めるなら飲みに出歩くこと

出会いを求めるなら、夜飲みに出歩くことだと思います。
お昼にレジャーなど出かけるのも、色んな人と出会えていいのかもしれませんが、なかなか本質が見えづらい事が多かったです。
お酒が入ると人は本性を現します。
勿論私も本当の自分をさらけ出してしまうリスクはありますが。
恋愛対象の出会いに限らず、飲みに行くといろんな人と知り合いになります。
バーやスナックも、知り合いがいるところだと安心して飲みに行けましたから。
でも、知り合いがいるお店での出会いはなかなかうまくいきませんでした。
私の前で紳士的な態度をとっている男性が実は金銭的に問題があったり、女性関係が派手だったりと。
そんな中でも久しぶりに中学生のような甘酸っぱい出来事がありました。
知り合いのスナックで飲んでいる時に、大学生の男の子が入ってきました。
とても爽やかで、なんで一人でスナックに来てるのかな?珍しいと不思議に思ったらその男の子も知り合いがいるとの事で来店したそうです。
お昼に会ってお茶をしたり、それぞれの仕事や恋愛の事について話をするようになりました。
私が出会いを求めて飲み歩いている。
と話すとその男の子は先ほどのスナックで年上の女性に恋をしていると話してくれました。
ところがその女性はスナックのオーナーの事が好きでスナック通いをしていて、そのオーナーは他に複数の女性とお付き合いをしている人でした。
そしてなんとその女性は、金銭的援助をしてくれる男性が他にもいたのです。
大人のドロドロの関係ですね。
大学生でドロドロを知らないその子はそのことを知らず、「どうやって誘ったらいいのだろう」とか「自分みたいな大学生を相手にしてくれるのだろうか」と悩んでいました。
「素敵な女性と出会い、とても嬉しい」とはしゃいでいるその男の子に本当の事は言えずにいると、そのこはいつの間にか女性に告白して振られてしまいました。
悲しい結末だけど、若いっていいですね。

関連記事